2012年 現地買付写真集(マージーサイド)


2012年のイングランドでの現地買付時の写真集(マージーサイド編)です。マンチェスター編へ

リバプール市内


リバプール市内のパブにて アンフィールドのシャンクリー像の前にて
[左]リバプール市内のパブにて。[右]アンフィールドのシャンクリー像の前にて

リバプール市内の有名なショップ。インプレッション・オブ・リバプール
リバプール市内の有名なショップ。インプレッション・オブ・リバプール。現地のファンに超人気のオリジナル・グッズをたくさん作っています。

リバプール・ミュージアムの横にあるポスター マージーレイルのポスター
[左]アルバート・ドックに2012年に出来たばかりの、リバプール・ミュージアムの横にあるポスター。[右]マージーレイルのポスター。ダービーの時の写真で作られています。両チームの、地元出身の人気選手がモデル(?)になっています。

リバプール市内の風景
リバプール市内の風景。試合のない日でも出店がたくさん出ています。さすがは「フットボールの首都」です。

市内の書店のショーウィンドウ 市内の書店のショーウィンドウ
市内の書店のショーウィンドウ。[左]ビートルズ特集。[右]リバプールとエバトンの特集。

グッディソン・パーク近くのパブ(The Abbey)
グッディソン・パーク近くのパブ(The Abbey)。基本的にはエバトンのパブですが、リバプールの試合の日にはリバプール・ファンがパブを占拠します。両チームで仲良く(?)一つのパブを共有しています。右側奥に見えるのがグッディソン・パークです。



このページの先頭へ

リバプール


アンフィールドの有名なシャンクリーゲート
アンフィールドの有名なシャンクリーゲート。アンフィールドを訪れるファンは、必ずここで記念写真を撮ります。

アンフィールドのアウェイ・スタンド・ゲート この日のアウェイ・サポーター(シティ・ファン)
アンフィールドのアウェイ・スタンド。[左]アウェイ・スタンドのゲート。チーム名を記載することが自慢です。[右]この日のアウェイ・サポーター(シティ・ファン)。

アンフィールドの周りに出ている出店
アンフィールドの周りに出ている出店の一つ。マッチディのアンフィールドは出店がたくさん出ています。

アンフィールドのスタンド裏。
アンフィールドのスタンド裏。古いスタジアムなので、スタンド裏も暗くて狭い感じがしますが、どんな試合でもファンで満杯です。

アンフィールド・キャット アウェイ・ゲート
トットナム戦の風景。[左]すっかり有名になったアンフィールド・キャットのデビュー風景です。私はアンフィールド・ロード・スタンドにいたので、目の前でアンフィールド・キャットを見ました。[右]アウェイ・スタンドのゲート。

アンフィールドのコップ・スタンド。
アンフィールドのコップ・スタンド。これはFAカップ4回戦でマンチェスターユナイテッドを破った瞬間のファンの祝勝風景です。

市内にあるクラブショップ。
リバプール市内の「リバプール・ワン」にあるクラブショップ。すぐ隣にはエバトンのクラブショップがあります

チェスター市に出来たリバプールのクラブショップ
チェスター市に出来たリバプールのクラブショップ。


このページの先頭へ

エバトン



スタジアムのスタンド裏
グッディソン・パーク・スタジアムの内部。スタンド裏で試合開始前に歓談するファン。


マンチェスターシティ戦
エバトン対マンチェスターシティ戦の風景。古いスタジアムなので、視界を遮る席がたくさんあります。


市内にあるクラブショップ。
リバプール市内の「リバプール・ワン」にあるクラブショップ。すぐ隣にはリバプールのクラブショップがあります

クラブショップのレシート シティ戦のチケット
[左]クラブショップのレシート。[右]エバトン対マンチェスターシティ戦のチケット。

このページの先頭へ